HOME > 痛風・高尿酸血症の治療 > 痛風の治療目的と計画

痛風・高尿酸血症は日本では1960年以前はほとんどない病であった。しかし、食事の欧米化やアルコール摂取量の増加などに伴い、年を追うごとに増加し、現在、痛風の患者数は推定30~60万人で、今なお増え、痛風の原因になる高尿酸血症も増加しています。さらに、以前は50歳以上であった痛風発症年齢も若年化し、30歳代移ってきている。こうして、食事をはじめ生活習慣と深く関わり一般的な疾病となった痛風・高尿酸血症について当サイト「痛風の症状と食事・治療」では症状、治療、食事療法について解りやすく解説しています。

痛風の治療目的と計画

痛風の治療
高尿酸血症・痛風の治療目的は、まず第一に痛風関節炎の発症を防ぐことにあり、血清尿酸値を4.6~6.6mg/dLにコントロールした時が最も発症率が低い。
尿酸沈着によって併発する腎障害や尿路結石を発症せないことも重要である。
 
高尿酸血症・痛風には高脂血症、高血圧、耐糖能異常、肥満などの生活習慣病が高率に合併することが知られている為血清尿酸値のコントロール以外にも、合併症に対する配慮も必要である。

痛風の方!朗報です!
↓↓↓

食事療法不要の痛風治療法。痛風治療のベストセラー作家が明かす、食事療法、飲酒制限不要の痛風克服法

関連ページ

  1. 痛風の治療目的と計画
  2. 尿酸降下薬の種類
  3. 痛風関節炎の治療
  4. 尿酸降下薬の選択
  5. 高尿酸血症の治療と目標